So-net無料ブログ作成

日本の特許事務所が知的財産国際取引所(IPXI)のメンバーに加入

世界初の知的財産取引所の知的財産国際取引所(IPXI)では、いよいよ明日(6月5日)最初のULR取引開始に向けた詳細が明らかになります。

IPXI to Announce First Offering on June 5 Public Webinar

これに先立つ5月28日に、IPXIは新たに4つの団体がIPXIのメンバーに加入したことを発表しました。そして、そのうちの一つは日本の特許事務所である「正林国際特許商標事務所」です。

ニュースリリースでは、以下のように紹介されています。

Shobayashi International Patent & Trademark Office is the first Japanese patent law firm to join IPXI.  The firm provides tailored IP preservation services in a variety of fields including chemical, biotechnology, pharmaceutical, mechanical, optical, electrical, information technology, trademarks and litigation.

メンバーシップフィーがいくらなのか気になるところですが、いつもながら新しいことに積極的に取り組んでいく姿勢は見習うべきものがあります。(紹介文中の "Preservation" は「保護」の翻訳なのでしょうが、意味としては「権利取得」なので誤訳に近いですね。)

日本企業からは、ソニーアメリカ、パナソニックIPアメリカのほか太陽誘電がメンバーになっています。明日の初物はフィリップスの特許権に関する実施権ですが、近いうちにこれらの会社からもIPXIで取引されるライセンス権が出てくることになっており、引き続き注目していきます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。